ひな人形 五月人形の増村人形店

ひな人形

三宅
作家紹介

京人形界随一の製作キャリアを誇る
京都を代表する重鎮「三宅玄祥」

昭和16年京都生まれ。16歳で京人形司のもとへ師事。感性と技を磨き、27歳という若さで独立。平成元年に経済産業大臣指定伝統工芸士認定。平成20年京都府伝統産業優秀技術者受賞。平成25年にその輝かしい数々の功績が認められ、瑞宝単光章勲章を受賞する。現在に至るまで京人形師として実に60年以上のキャリアの中で、数々の人形展において高い評価を受け、三宅玄祥の名を不動のものとしている。

昭和16年、京都市左京区松ヶ崎にて生まれる。
昭和32年、中学校卒業後、京人形師のもとへ師事、修行を積む。
昭和42年、独立。現在に至る。

叙勲「瑞宝単光章」受章
京都府伝統産業優秀技術者「京の名工」
経済産業大臣指定京人形伝統工芸士
日本ひな人形協会 節句人形工芸士
京人形商工業協同組合会員