ひな人形 五月人形の増村人形店

五月人形

京北野1
作家紹介

京都・北野にある工房 武久は、
伝統と創造、歴史に裏打ちされた京甲冑を製造。

平安住一水、粟田口清信と並ぶ京甲冑師の三大ブランドの一つ「武久」。京北野・平安武久は、初代平安武久(佐治久三郎)と妻・初代智尚(京都市伝統工芸技術功労者・知)の次男として生まれる。昭和34年に父である初代武久に師事し、以降京甲冑作りに専念。平成7年、通産大臣より伝統工芸士に認定され、平成17年、工房武久 代表に就任し、自らを「京北野・平安武久」とする。
その翌年には京都府伝統産業優秀技術者表彰を受賞し、京都甲冑界を代表する職人の一人として活躍目覚しい。現在は、実子である佐治幹生と共に技術の継承と研鑽に日々努めている。

昭和16年、京都に生まれる。
昭和34年、初代平安武久に甲冑作りを師事。
平成7年、経済産業省認定伝統工芸士(京人形)
平成17年、京都北野に工房武久を主宰
平成18年、京都府伝統産業優秀技術者表彰受賞

経済産業省認定伝統工芸士(京人形)
京都府伝統産業優秀技術者(京の名工)