ひな人形 五月人形の増村人形店

五月人形

一水
作家紹介

京甲冑の生地作りを生業としていた今村善次郎の工房が京甲冑作りを始めて、現在の今村達人で四代目。 京甲冑界にその名を轟かせ、今なお語り継がれる二代目澤井清一、三代目今村勝男両師より受け継がれた伝統の技を守りつつ、進化し続ける独自の作風は、甲冑のもつ剛健なイメージとは対照的な流麗さをも併せ持つしなやかな印象を見る者に与える。

昭和43年三代今村勝男の長男として出生。
同志社大学卒業後、大手百貨店を経て平成七年、第三代平安一水に師事。
その後、初代より受け継がれる京甲冑製作の伝統技術習得に努める。
平成19年、京甲冑師 第四代平安住一水襲名。

経済産業大臣認定京甲冑伝統工芸士。
現在に至るまで、伝統工芸士全国大会を初め、数多くの作品展に出展し高い評価を受ける、京都を代表する甲冑師の一人。