ひな人形 五月人形の増村人形店

初節句のお祝いをもらったら?お返しの方法やマナー、金額の相場

子供の成長を祝い、これからもすくすくと育つように願いを込めてお祝いする「初節句」。
そんな初節句が近づくと必ず出る悩みが、“お祝いを頂いた方へのお返し”です。今回は初節句のお返しのマナーから熨斗の書き方までをわかりやすくご紹介します。

初節句のお祝いをもらったら?

赤ちゃんが生まれて最初に迎える節句の初節句。遡れば、女の子は平安時代から3月3日の上巳の節句、男の子は江戸時代から5月5日の端午の節句として、赤ちゃんの健康な成長を願って来ました。現在はひな祭り、子供の日として親しまれていますね。
赤ちゃんの健康な成長を祝い、また今後も健やかに育つようにと家族で願う行事、初節句。そんな我が子の初節句、「お祝いをもらったけど、お返しはどうすればいいの?」「値段はどれくらいの物がいいの?」「細かいマナーなんてわからない!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回はそんなお悩みを持つ方に初節句のお返しマナーや、タイミングについてご紹介します。

1、お祝いのお返し/内祝い(お返し)のタイミング

祖父母や親戚の場合、初節句のお祝いの席として食事会を設けることが、お返しとされています。食事会のタイミングは、女の子であれば桃の節句の3月3日です。でも、3月3日に日にちを合わせるのは大変ですよね。ご家族と相談されて決めるのはもちろんですが、3月下旬までに行えば問題ないでしょう。男の子であれば端午の節句の5月5日です。この日は祝日ですので、日にちは合わせやすいかもしれませんね。また5月5日に出来なくとも、桃の節句同様、5月下旬までにはできれば良いでしょう。
食事会に欠席された方、また親戚以外で食事会に呼べなかった方には、内祝いでお返ししましょう。その際、お祝いの日から1週間以内を目安にお返しするのがマナーとされています。
忙しくて、なかなか1週間以内に送ることが出来ない場合もありますよね。
その場合は女の子であれば「3月3日の桃の節句」、男の子であれば「5月5日の端午の節句」を基準に、最低でもその月内には送るようにしましょう。
このように少しでも遅れそうな場合は、お詫びの言葉を手紙に添えると丁寧ですね。

2.お返しの方法

祖父母から素敵な兜や、立派なひな人形などを頂くと、何を返せばいいのか、お返しに困りますよね。何か素敵なプレゼントや、それ相当の物を用意しなければならないのかと不安になると思います。でも実は、お祝いのお返しをする必要はないんです。そもそも初節句のお祝いというのは『子供の健康と成長』を願って贈られるものです。なので、お祝いのお返しは不要とされています。だからと言って、全く何もしないっていうのは気が引けますよね。
そこでここではお返しの方法についてご紹介いたします。

食事会に招く

お祝いのお返しとして祖父母や親戚を食事会に招くことが一般的です。
では、どうして食事会に招くのが良いとされているのでしょうか。
元々、家族で子供の成長を祝う日ですので、現代社会ではなかなか難しい、家族の時間を作るという目的。また祖父母から頂いた、雛人形や兜などを飾り、子供の元気な姿と一緒にお披露目する場でもあります。なので、食事会を開く際は、自宅で行うのが一般的です。
どうしても自宅で出来ない場合は、自宅近くのレストランでもいいですね。

自宅での食事会であれば、どんな食事を用意すればいいのでしょうか。
「3月3日の桃の節句」では、定番のちらし寿司、はまぐりのお吸い物、雛あられなどを用意すると良いでしょう。
また、桃の節句と違い「5月5日の端午の節句」では、特に決まった料理はありません。鯛や赤飯やちらし寿司。筍(たけのこ)や海老などの縁起物を取り入れた料理をメインにするのがいいですね。また、ちまきや柏餅などをデザートに準備すると喜ばれるでしょう。
とは言っても、全部手作りし、準備するのはさすがに大変ですよね。
最近では、ケータリングサービスなど利用している方も多いようですので、利用してみてもいいかもしれません。

プレゼントを贈る

食事会に参加できなかった人、または呼べなかった人へ内祝いのプレゼントを用意しましょう。
一般的に内祝いには縁起の良い、紅白の餅や海老などを選ぶことが良いとされています。しかし最近では送る相手の好みに合わせて、焼き菓子やお酒などを選ぶ方も多いようです。
相手の気持ちを考えて、プレゼントすることが大切ですね。
値段は頂いた金額の3分の1~半分ぐらいの金額の物が良いとされています。
あまり高価になりすぎても、相手に失礼となりますので、気をつけなければなりません。

祖父母へのお返しのポイント

祖父母はみんな、孫が健やかに育つようにとお祝いをしてくれています。
一番良いのは、孫との時間をつくってあげることなのではないでしょうか。

思い出を作る機会を設けるという意味でも、自宅やレストランで、食事会を開き、初節句のお祝いの席を設けることが良いとされています。
とはいえ、遠方に住んでいるなど、各々の理由で食事会を設けることができない場合もあります。そんな時は、祖父母の好みのお酒や、お菓子などと一緒に、子供の写真をアルバムにして送るなどすると喜ばれるでしょう。
孫の成長を願っている祖父母だからこそ、高価なお返しより、子供の成長を感じることのできる物を送ると良いですね。

3.熨斗(のし)の書き方

熨斗とは

プレゼントを贈る時、きちんとしたお返しをする際には必ず熨斗をつけますね。内祝い(お返し)を送る際にも必要な物です。では熨斗とは一体、何でしょうか。
熨斗とは、贈答品につける標識のことです。その標識のついた紙のことを熨斗紙と言います。
日本では昔から、贈答品にはアワビを干し伸ばしたものを包んで添えることが良いとされていました。その名残から、今の標識の形につながっているといわれています。

熨斗の書き方とポイント

熨斗にはたくさんの種類があって、いまひとつ書き方がわからない。という方も多いのではないでしょうか。熨斗の書き方をとポイントについてご紹介いたします。

【書き方について】
まず、表書きの水引きの上に「内祝」または「初節句内祝」と書きます。その下に子供の名前を書きましょう。主役はあくまでも初節句を迎える子供です。子供からの感謝の気持ちを表す贈り物としてお返しをするので、ここは子供の名前のみで大丈夫です。名字は書きません。ちなみに宅配で送る際、名前は親御さんの名前で送っても構いません。

【ポイント】
書く際は、毛筆で書きましょう。また、熨斗紙は紅白の蝶結びのものを選びましょう。蝶結びは「何度あってもいいお祝い事」の時に使います。
例えば、出産祝いや、引っ越し祝い、お歳暮などにも使いますよね。
ここで結び切りと間違えないように注意が必要です。
結び切りは「一度きりがいいこと」結婚式や、災害見舞い、病気の見舞いなどに使われるものです。
のしをつける際、内のし、または外のしかを聞かれることがあります。内のしとは、プレゼントにのしをした後、さらに梱包紙で包むことを指します。
また外のしは、プレゼントを梱包紙で包んだ後にのしをすることを指します。一般的には、外のしはプレゼントを強調したい時、内のしは控えめに渡したい時に使い分けをします。
手渡しの場合は、外のしで構いませんが、宅配で送る際は内のしにしましょう。

4.まとめ

初節句のお返しについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
初節句の主役はあくまでも子供です。
誰もが子供の成長を願い、お祝いします。
きちんとしたお返しをしなければ、と神経質になるよりは、子供の顔を見せに行ったり、成長を報告することが一番のお返しになるのではないでしょうか。