ひな人形 五月人形の増村人形店
コンテンツ

初節句のお祝いのマナー。贈り物や食事会で気をつけるポイント

初節句では祝い金や祝いの品が贈られ、食事会などを開くこともあります。昔は母親の実家から贈られていましたが、今では形式へのこだわりが薄れつつあります。しかし節句のマナーはトラブルを避けるためにも知っておく必要があります。

初節句のお祝いのマナー。

5月5日や3月3日は節句と呼ばれ、子どもの誕生や成長を祝う日です。
特に初節句では盛大にお祝いをする地域もあり、お祝いをするときのマナーには注意をしなければなりません。しかし昔と今とではその方法も変化しつつあるため、どのような点に注意しなければならないのかしっかりと把握しておきましょう。

1. 祝い金を贈るときのマナー

誰が贈るもの?

初節句は、子どもが生まれてから初めての節句のことです。男の子であれば5月5日、女の子なら3月3日が初節句になります。それぞれ「端午の節句」、「桃の節句」などとも呼ばれます。しかし生まれて間もない時期に初節句がある場合には、赤ちゃんの体調に不安があることや、準備時間がないことなどから翌年にしても問題ありません。男の子には五月人形や鯉のぼり、女の子には雛人形や市松人形などが贈られます。そしてこのような品物のほかに、祝い金を贈る文化もあります。どのような品を贈るのか、そして祝い金を贈るのかどうかといった点は地域によっても変わってきます。
必ず贈らなければならないものでもありません。しかしマナーとして知っておく必要はあり、初節句のマナーをめぐってトラブルが起こることもあるため注意しましょう。同じ地域であっても、家庭による違いや、そして昔と今とでは変わっていることもあります。
例えば祝い金は身内から贈るのが一般的ですが、昔は知人や友人といった身内以外の人からも贈られていました。しかし今ではほとんどが身内からです。それも母方の実家からというケースが多く、両家からともに贈られるということも珍しくありません。

相場

祝い金を贈る場合、相場がいくらほどなのか把握しておきましょう。高額であるほど良いというものでもありません。
1万円から2万円くらいが祝い金としてよくある金額とされています。友人など、身内以外のものから贈られていた時代にはその約半額、5千円から1万円程度が相場となっていました。

お返しの方法や相場

祝い金を貰った側は、祝い金を贈ってくれた人に対してお返しをするのがマナーです。これは初節句に限らず、様々な祝い事などで行われていることです。ただし現金を頂いていたとしても、お返しに現金を返すわけではありません。お祝い金の額に見合った品物を贈ります。頂いたお祝い金の半額に相当するものが良いとされています。また、パーティなどを開き、その場に招くのであれば、その当日の会食でお返しに相当するものを提供するのも良いでしょう。
お返しの品を贈る場合、遅くならないよう、一週間以内に贈るのがベストです。ただし、小さな子どもがいるとお返しの準備などもスムーズにはいかないと思います。端午の節句であれば5月中、桃の節句なら3月中に贈るようにすれば特に問題はないでしょう。

熨斗の書き方

祝い金やお返しをする際、熨斗の書き方や結び方を間違えると恥ずかしい思いをするかもしれません。初節句のお祝いであれば蝶結びにして、赤ちゃんの名前を書くと良いでしょう。蝶結びには、解いて再び結び直せることから何度あっても良いお祝い事に用いられます。そのため一般的なお祝い事にはこの蝶結びが用いられます。出産祝いやそのお返し、お中元、お歳暮なども同じように結んで構いません。

2.雛人形や五月人形を飾る

母親の実家が買うもの?

初節句に贈るものと言えばやはり雛人形や五月人形です。昔ながらの形式で言えば母親の実家が買うことになります。しかし、核家族も増え、こうした風習も薄れつつあります。どちらの実家が買うのか特に気にする必要はないかもしれません。しかし、両家とも同じものを買ってしまうと関係がぎくしゃくしてしまうことも考えられます。そのため、あらかじめ初節句の贈り物についてどちらが贈るのか話し合っておくと良いでしょう。どちらも孫に贈りたがることも多いため、端午の節句と桃の節句で担当を分けるというのもひとつの方法です。また、どちらかの実家に住んでおらずマンションやアパート暮らしであれば飾りつけをする広いスペースも確保ができないかもしれません。あまりに大きなものが贈られると保管にも困ってしまいます。そこで、お金を渡しておいて両親に飾りものを選んでもらうという方法もあります。

飾る時期

初節句の日自体は1日しかありませんが、その日しか飾りつけをしないわけではありません。その時期が近づくと事前に飾りつけをしておいて節句を楽しみます。一般的に1か月から2週間前までに飾るとされています。そのため、雛人形や五月人形などを贈ろうと考えているのであればその時期までに贈るようにしましょう。節句の数週間前から飾りつけをしますが、節句が終わればすぐに片付けるのが一般的です。

3.ホームパーティ

両家の祖父母を呼びましょう

節句、特に初節句の日にはホームパーティを開く家庭もあります。昔は特に親戚が集まり盛大な宴席を設ける家庭が多くありました。この場合、どちらか一方の祖父母だけを呼ぶのではなく、両家の祖父母を呼ぶようにしましょう。しかし、広く親戚中に声をかける必要はないでしょう。
もし両家ともに場所が遠く離れている場合には両親とその子どもだけで行うこともあります。最近ではこのようなケースが増えています。わざわざ遠方から両家を呼ぶことになってしまうため、家族だけの小さな食事会をするように変わってきているのです。

お会計は父方の実家が持たなくても良い

初節句にあたり様々なマナーや風習は、昔と比べて今では大きく変わりつつあります。比較的風習にとらわれることなく、家庭ごとに柔軟な対応がとられるようになっているのです。初節句のパーティについても同様です。お会計を誰が持つのかという問題についても、特に決まりはありません。母親の実家が贈り物をしたからお会計は父親の実家が持つということでもありません。両家がともに負担するケース、もしくは子どもの両親が支払うというケースも多くなっています。

桃の節句や端午の節句に適したお料理を

桃の節句、端午の節句、それぞれに適したお料理があります。桃の節句であれば菱餅が必要です。このほかはまぐりやちらし寿司なども雛祭りの縁起物とされています。
端午の節句であればちまきや柏餅などを食べるのが一般的です。

4.神社で祝詞をあげるときのマナー

地域によっては神社にお参りをし、神職に祝詞をあげてもらう場合もあります。謝礼として玉串料が必要になるため、事前にどの程度必要なのか確認しておきましょう。また、直前になって行こうと決めても人がいっぱいでできないかもしれません。事前に電話で予約しておくようにしましょう。

5.まとめ

初節句に贈る品物や祝い金の贈り方、食事会の開き方などにはマナーがあります。昔は特に各地域の風習を守ることが重要視されていましたが、現代ではその在り方が変化しつつあります。どちらの実家が贈らなければならないといったことや、その時期、方法など、各家庭に合ったやりやすい方法で行うと良いでしょう。ただし、いままでの方法を重んじる祖父母もいるかもしれません。初節句でトラブルが起こらないようにするためにも、あらかじめ両家の考え方については話し合いをしておくべきです。