ひな人形 五月人形の増村人形店
コンテンツ

男の子の初節句の祝い方!お料理やお祝い金の相場もご紹介

初節句とは生まれた赤ちゃんに対して、健康で健やかに育っていくように思いを込めたお祝いの行事です。初めてのお祝いでいったい何を用意してどのように過ごすのか?男の子の初節句の祝い方、料理やお祝い金の相場など、わかりやすくご紹介します。

男の子の初節句の祝い方!

赤ちゃんが生まれてから必ずすることといえば初節句ですよね。
男の子は5月5日のこどもの日、女の子3月3日のひな祭りにと祝う日にちが異なっています。「初節句の祝い方がどうすればいいのかわからない。」「料理は何を作ればいいのか?」
「ご祝儀はいくら包んだらいいのか。」と悩みますよね。
今回はそんな方に、男の子の初節句の祝い方についてくわしく解説しますね。
なかなか人に聞きにくいお祝いの金額や、そのお返しについても紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

1.  初節句とは

赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句のことを指します。
男の子は5月5日で女の子は3月3日に「無事な成長を願う」や「悪いもの(邪気)を払う」という伝統的な行事です。
初節句には古くから知れ渡る風習があり、歴史も深いので少しでも知識をいれて盛大にお祝いしましょう。

【節句まえ生まれの赤ちゃんはいつ祝う?】
2月生まれの女の子、4月生まれの男の子の赤ちゃんは翌年の節句にお祝いするのが一般的ですが、決まりはそれほどないので赤ちゃんの状態を見て相談して決めるのも良いでしょう。

2. 初節句の祝い方

親戚や友人を招いて食事会

【食べ物・料理】
お祝いの食べ物といえば「柏餅」、「鰹」、「鯛」、「豆」、「たけのこ」など…。
鰹=勝つ男、鯛=めでたい、豆=まめに働く、たけのこ=まっすぐ育つ。という意味を込められている縁起の良いものが選ばれています。それらを使った料理で人気なのは「カツオのタタキ」・「手巻き寿司」・「赤飯」・「お吸い物」があげられます
「柏餅」は新芽が出るまで古い葉が落ちないので子孫繁栄の意味を込めており、
「ちまき」は中国の古くから伝わる風習で、葉を巻いてちまきを食べることが邪気を払うと言われていることからお祝いに食べることになりました。
ちなみに男の子の節句、5月5日には関東では「柏餅」、関西では「ちまき」を食べる風習もあるようです。

【お祝いする場所】
外食の場合は料理の準備が必要ない、凝ったおいしい料理が食べられる、部屋のあとかたづけをしなくていい。とメリットたくさんですが、家でするよりも予算オーバーだったり赤ちゃんが泣いたりしたらのんびりくつろぐ事が難しくなったりと色々考えて、「結局どっちがいいの?」と悩んでしまいます。

メリットやデメリットをよく考えて自分のスタイルに合った環境でたのしくお祝いしましょうね。

五月人形やこいのぼりを飾る

【なぜ五月人形、こいのぼりを飾るのか?】

五月人形 兜や甲冑は武士にとって身を守るための必要不可欠なもの。
「わが子を守る」という思いがこめられています。
こいのぼり 鯉はきれいな水の中ではなく、池や沼でも元気に長生きしている強い生命力を持っています。そこから生きていく強さを身につけられるという意味をこめられているんですね。

【誰が用意するのか?】

地域によって様々なようですが、昔では五月人形は母方の両親が用意し、こいのぼりはお嫁さん、お婿さん両方の両親が用意するようになっていました。

【購入時期は?】
五月人形をお店で販売する時期は3月初め頃で、人気なものはすぐ売り切れてしまう可能性があります。ですので早めに購入しておくと良いでしょう。

【お父さんのお下がりでいいのでは?】
お父さんのお下がりの五月人形を使うことについては、厄を引き継いでしまうとされているので再利用しないように!子供1人につき必ず1つが鉄則です。

【飾る時期はいつからいつまで?】
飾る時期は特に決まっておらず、基本的には4月半ばから2週間ほど。

【あと片付けについての注意】
片付ける際には風通しがよい場所で。湿気がこもるとカビが繁殖してしまいますのでご注意を!寒暖差があまりない場所を選ぶことでサビをふせぐことができます。あとは色あせなどの変色を起こさないよう、日の当たらない場所に置くことにも専念してくださいね。

菖蒲を飾る/菖蒲湯に入れる

菖蒲とは、池や川に生えている多年生の草本です。
初節句にはそれを飾ったり、湯につけて入るという習慣があります。
何故そんなことをするのか?というと菖蒲には独特な香りをもっており、飾ることによって邪気を追っ払うという中国との日本の古きからの風習がありました。
他にも血行促進・冷え性・肩こりの改善・リラックス効果が期待されています。昔の人は風邪や身体を壊した際に、菖蒲を入れたお風呂に入って身を清める事をしていたんですね。

衣装を着て記念撮影

【衣装】
衣装は色々種類があるようですが、一番人気なのは男の子らしさが引き立つ「陣羽織」です。羽織るだけなので赤ちゃんに着せやすいのも人気の1つですね。
後は気軽に正装気分を味わえる着物風ロンパース、タキシード風ベビー服も
挙げられます。終わった後でも身内の結婚式や、ちょっとした行事にも使えるのでお財布にやさしく、経済的にたすかりますね。

【撮影場所】
主に自宅・神社・写真館・フォトスタジオで撮る人たちが多いようですね。
赤ちゃんがぐずってしまった場合を考えると自宅での撮影が一番安心ですが
神社やお参りするところでは、さくらの季節を感じられて写真の写りもしっかり映えます。写真館・フォトスタジオでの撮影はプロにお任せするのできれいに撮ってもらえますし、額縁に入れて家に飾ることもできますね!

3. お祝い金やそのお返し

お祝い金の相場

ご祝儀は場合によって不要なケースと必要なケースがあります。
事前に節句人形を贈っている場合はお祝儀は渡す必要はありません。
食事会を誘われた場合などにお祝儀やお祝いの品が必要になります。
節句飾りの品物や子供が好むオモチャが喜ばれるでしょうね。
お祝儀の金額に関してはまず初節句を迎える子供から見て、

父方の祖父母 5万円~
母方の祖父母 10万円~
叔父、叔母 5千円~1万円
両親の友人や知人 3千円~5千円

家族で呼ばれた場合は相場×人数分になります。

お祝いへのお返しはどうする

五月人形のお祝いをもらったら、何をお返しすればいいのでしょう。
お祝いの席に招く。
両家の親族を呼んで一緒に赤ちゃんの成長を迎えるのがなにより喜ばれる
お返しですね。

【お祝いの席に招待しない人の場合】
招待せずお祝いをもらった場合に関しては感謝の気持ちを伝え、内祝いの品を
送りましょう。金額はもらった品の半額から3分の1ほど。
品物については縁起の良いもので豆や昆布、向こうにおまかせということであればカタログギフトでお返しも良いですね。

【内祝いの「のし」の書き方について】

  • 表書きには「内祝」、もしくは「初節句内祝」。
  • 名前書きは「こどもの名前」を記入しましょう。

4.まとめ

いかがでしょうか。初節句という行事は古くから伝統があり日本の風趣があってとても親しまれているんですね。縁起の良いことや食べ物、色々することが沢山あります。初めてのことで相手に贈るものやお祝いに用意するものなど、色々悩んでしまって疲れてしまうママさん達もいるようです。せっかくのおめでたい行事です、目的は赤ちゃんの成長をお祝いするということなので深く考えず、楽しみましょう。