ひな人形 五月人形の増村人形店

最大の奇数が重なる日

重陽の節句 ~後の雛

最大の奇数が重なる日

9月9日は五節句最後の「重陽の節句」です。

五節句とは、

 ・ 人日(じんじつ)/ 陰暦 正月七日(七草がゆ)
 ・ 上巳(じょうし)/ 陰暦 3月3日(桃の節句)
 ・ 端午(たんご)/ 陰暦 5月5日(端午の節句)
 ・ 七夕(たなばた)/ 陰暦7月7日(七夕祭り)
 ・ 重陽(ちょうよう)/ 陰暦 9月9日(菊の節句)

「重陽の節句」は古来より陽の数(奇数)が重なる日、そして奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれ、縁起のよい日とされています。

古来中国では、邪気を祓い長寿を願う意味をこめ、この日に丘や山に登り、秋の山野を眺めながら酒宴をひらく風習があり、菊の花びらを浮かべた菊花酒で長寿を願ったとされています。
皆様も晩酌のお酒に菊の花びらを浮かべ、淡い菊の香りを愉しむ風流な夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?
その他にも、湯船に菊を浮かべた菊湯にお子様と浸かったり、菊を入れた菊枕で眠ると良いかもしれません。ハーブバスやアロマテラピーでも使われる菊には、血行促進や心地良い眠りを誘う効果がありますよ。

平安時代には宮中行事として宴などが行われはじめ「菊のきせ綿」と呼ばれる菊の花に綿をかぶせておき、この菊の露を含んだ綿で肌を拭いて、長寿のおまじないをした行事もありました。

江戸時代の初めには「後の雛」として、自分自身の健康を願ってお雛さまを飾る風習も生まれました。

その後、明治の頃までは庶民の間でも祝い事として行事が行われ、田畑の収穫の時期でもあり収穫祭として栗飯を食べたりしていました。

今では、あまり身近に感じることもなくなり、時々「重陽の節句」という言葉を耳にするぐらいになってしまいましたが、現在でも9日に行われるとは限りませんが、菊のコンクールや鑑賞を行う風俗は残っています。
また、京都の上加茂神社では無病息災を祈る「重陽の節会」が現在でも行われています。

他の節句と同じように、日本の伝統文化を後世に残してゆくためにも「重陽の節句」を1年の行事として行ってゆくことが大切だと思います。

 

株式会社 増村人形店

〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉1番8号
TEL : 06-6763-1870
営業時間 : 9:30 ~ 19:00
定休日:年中無休(元旦を除く)

※さらに詳しくは「会社概要」を御参照下さい。