増村人形店
増村人形店 作家のご紹介
お気軽にお問い合わせください。06-6763-1870
ココだけのハナシ

作家のご紹介

増村人形店TOP > 作家紹介一覧 > 作家紹介詳細[武久]

武久


「伝統の技とは何か?甲冑師の誇りとは何か?
                その答えは武久の一領一領の鎧兜の中に・・・」


全国には年間何十万領もの五月人形の鎧、兜が製造されている。その中で武久の鎧、兜の占める割合は微々たるものです。日本の心、伝統技を広く知って頂きたいと願う私どもにとってそれは不本意な事・・・しかしながら、機械による大量生産では代々受け継がれてきた武久の技は到底表現し得るものではないのです。
 
乱世の武将にとって、甲冑とは、武具であると同時に子孫繁栄、武勲を願う信仰の対象でもありました。その心を受けて甲冑師達も武士の心に負けず、誇りをかけて製作に挑みました。そういった意味では、名作を作る事とは名将の心を今に映す事と言えます。それも機械には到底表現し得ないものです。
 
これからも武久は名作を作り続ける事をここにお約束いたします。
京甲冑師としての誇りをかけて。

平安 武久のあゆみ

昭和13年、先代平安武久(佐治久三郎)と妻・初代智尚(京都市伝統工芸技術功労者・智)の長男として京都に生まれる。
昭和32年、先代 平安武久に師事。
伝統技と心を学び、昭和48年二代目平安武久襲名。襲名後の活躍はまさに平安武久の名に恥じない物で、昭和60年京人形商工業組合理事就任。平成3年には京人形商工業協同組合理事長に就任。
平成6年、経済産業大臣より伝統工芸士に認定され、平成14年、京都市伝統産業技術功労者表彰。
平成20年にはそれまでの功績が認められ瑞宝単光章授章等、名実ともに京甲冑界の重鎮。その技は京物ならではの重厚さを漂わせ、本来の京甲冑の贅をつくしている。

京北野 武久のあゆみ

昭和16年、先代平安武久(佐治久三郎)と妻・初代智尚(京都市伝統工芸技術功労者・智)の次男として京都に生まれる。幼少から京甲冑製作に触れ、感性を磨く。昭和34年、初代 平安武久に師事し、以降京甲冑作りに専念。
平成7年、通産大臣より伝統工芸士に認定され、
平成17年、工房 武久 代表に就任し、
自らを 京北野 武久 とする。
その翌年には京都府伝統産業優秀技術者表彰を授賞し、京都甲冑界を代表する職人の一人として活躍目覚しい。素材から色彩に至るまで、常に新しい感覚を取り入れるその作風は既存の京甲冑を超える京物として注目を集めている。

武久 寛宗のあゆみ

昭和23年、先代平安武久(佐治久三郎)と妻・初代智尚(京都市伝統工芸技術功労者・智)の三男として京都に生まれ、京甲冑製作の総本山とも言える環境の中で幼少期を過ごす。
若年期から様々な伝統技術に興味を持ち、多くの職人に師事。一例を挙げただけでも、生地、彫金、飾金具、金属塗装等、その枠に囚われない飽くなき探究心はまさに生まれながらの職人と言える。
初代武久、初代智尚(京都市伝統工芸技術功労者であり初代平安武久の妻・智)に師事し、伝統技と心を習得した後、通産省大臣より伝統工芸士に認定され、
自らを 武久 寛宗 とする。
京都府伝統技術コンクールを始め、数々のコンクールにおいて高い評価を受ける京甲冑の名匠。製作する全ての作品に自ら目を通す事から、年間製作数には自ずと制限が生まれ、市場に出回る数はごく少数である。

京人形司一覧 平安雛幸小西清甫三宅玄祥大橋弌峰京都桃玄
木目込人形師一覧 金林真多呂原考洲松崎幸一光柿沼東光木村一秀
甲冑師一覧 武久平安住一水粟田口清信平安晴峰
市松人形師一覧 元賀章介斎藤公司
ページトップ
本    社
〒540-0017 大阪市中央区松屋町住吉1番8号 [ TEL ]06-6763-1870 [ FAX ]06-6763-1888
支    店(3号館)
〒542-0067 大阪市中央区松屋町8番5号    [ TEL ]06-6763-1788 [ FAX ]06-6763-1789
北    店(7号館)
〒540-0017 大阪市中央区松屋町住吉1番8号 [ TEL ]06-6768-8098
大  宗 店
〒540-0067 大阪市中央区松屋町1番18号   [ TEL ]06-6763-0602
末 吉 橋 店(5号館)
〒542-0067 大阪市中央区松屋町2番8号    [ TEL ]06-6763-5581

増村人形店 店舗案内の詳細は、こちらから