ひな人形 五月人形の増村人形店

五月人形

粟田口 清信
作家紹介

昭和11年、京都市に生まれる。京都粟田口の刀匠・三条小鍛治宗近の流れを組み、昭和30年に先代・粟田口清信に師事。以降、細部に至るまで一貫して手作りによる技術を研鑽し、甲冑製作に従事する。

粟田口清信を襲名し、四代目当主に就任後も活躍目覚しく、平成元年、経済産業省指定伝統工芸士に認定。平成13年には「京の名工」京都府伝統産業優秀技術者表彰を授賞。
数々のコンクール等において輝かしい功績を残す京都甲冑界を代表する名匠。