増村人形店
増村人形店 作家のご紹介
お気軽にお問い合わせください。06-6763-1870
ココだけのハナシ

ここだけのハナシ

増村人形店TOP > ココだけのハナシ一覧 > ココだけのハナシ詳細
TITLE
雛人形と五月人形の価格について

価格比較・・・?出来るの・・・?

雛人形で検索をしてみると「雛人形 価格」や「五月人形 価格」というワードが目に入るように、皆様の関心事の一つであることが見受けられます。
今回はその雛人形、五月人形の価格比較について少し触れたいと思います。

この回のコラム「京製とは」でも触れた話ですが、一般に皆様がご覧になる雛人形のセットは木札に書かれた名前の作家だけが手を加えて作ったものではありません。
例えば、写真にあるような作札が付いていたとしても、三宅玄祥が作った作品は親王の胴体だけで、頭(かしら)、道具、台、段、屏風、花等はそれぞれ専門の作家が作っています。
三宅玄祥さんは胴体を作る事は国内最高クラスの実力をお持ちですが、頭の面相も書けて、雪洞も作れて、屏風の箔も張れて、おまけに造花作りも出来るスーパーマンでは残念ながらありません。

もっと言えば、官女、随身、仕丁等も作札の親王を作られた職人が作られているという場合も少ないです。親王が京都の作家作の7段飾り(例えば小西清甫)であったとしても、官女や随身、仕丁などは清甫さんが作られた物ではないことがほとんどです。(理由は単純に【高額になりすぎる】からです。段に乗っている人形すべてが小西清甫作であった場合、100万円近くになる場合も・・・)

そのため、例えば同じように見える2つの金屏風で飾ったセットで飾ってあったとしても、その金屏風がAという会社で仕入れたものとBという会社で仕入れたものとで当然価格、作成者に違いがあるため同じセットという話にはなりません。

インターネットでのお買い物の利点の一つとして、“価格比較がしやすい”という点があるかと思いますが、上記のような理由から雛人形セット、五月人形セットの価格比較というのは何の意味も持たないということが分かると思います。
「三宅玄祥」という名前で某通販サイトや某価格比較サイトで検索をし、【価格の高い順】、【価格の安い順】と並べ替えたとしても、出てくる順位は同じものを比較した順番では残念ながらないのです・・・

雛人形のご購入を検討されているお客様はカートに商品を入れる前に是非複数のお店に

「親王の御衣装は正絹ですか?」
「屏風の箔は金沢箔ですか?」
「花は正絹で作られていますか?」
「雪洞は木製ですか?」

等々を御質問され、最も質の高いセットを御自身の目で確認、比較される事をお勧め致します。(実際に人形店に足を運んだ場合もです)



雛人形はお子様の健やかな成長を祈る親の想いが詰まった大切な物です。
そして決して安くはない買い物です。後悔等なさらないように・・・



株式会社 増村人形店

〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉1番8号
TEL : 06-6763-1870

営業時間 : 年中無休(元旦を除く)
        9:30 ~ 19:00

※さらに詳しくは「会社概要」を御参照下さい。
ページトップ
本    社
〒540-0017 大阪市中央区松屋町住吉1番8号 [ TEL ]06-6763-1870 [ FAX ]06-6763-1888
支    店(3号館)
〒542-0067 大阪市中央区松屋町8番5号    [ TEL ]06-6763-1788 [ FAX ]06-6763-1789
北    店(7号館)
〒540-0017 大阪市中央区松屋町住吉1番8号 [ TEL ]06-6768-8098
大  宗 店
〒540-0067 大阪市中央区松屋町1番18号   [ TEL ]06-6763-0602
末 吉 橋 店(5号館)
〒542-0067 大阪市中央区松屋町2番8号    [ TEL ]06-6763-5581

増村人形店 店舗案内の詳細は、こちらから