増村人形店
増村人形店 作家のご紹介
お気軽にお問い合わせください。06-6763-1870
ココだけのハナシ

ここだけのハナシ

増村人形店TOP > ココだけのハナシ一覧 > ココだけのハナシ詳細
TITLE
羽子板で健やかに・・・

羽子板の歴史と由来

羽子板と聞いて皆さんは何が思い浮かぶでしょうか?
やはりまず思い浮かぶのは「羽根つき」ではないでしょうか。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、正月に家族で羽根つきをする姿は日本独特の情緒がありました。

「羽根つき」の原点は室町時代にまで遡ります。
当時、「羽根つき」は胡鬼子突(こぎのこつき)とも呼ばれ、鬼(病気や厄災)を突き追いやり、叩き出すという魔除け・厄除けの意味が込められていました。古くから宮廷・貴族社会の正月行事として行われてきましたが、庶民の間にも一般的な遊びとして広まり、トンボが蚊を食べることから、空に突き上げて落ちてくる羽子(つくばね)をトンボがひるがえる姿に見立てて、子供の蚊よけにしたとも言われています。また、はねつきに突く羽子に突いている黒い玉は、ムクロジ(無患子)という木の実で、これも「子供が病気を患わないように」という無病息災の願いが込められています。

その羽子板には、絵具で左義長(さぎちょう:正月が終わって門松を焼く宮中行事)の様子が描かれていましたが、江戸時代以降、歌舞伎役者の姿を押絵で作って板に張った「押絵羽子板」が今で言うところのプロマイドとして流行り、職人達の腕が磨かれ、日本の伝統芸術の一つにまで発達していきました。

これが現在の羽子板のルーツと言えます。

古来より続く子どもを想うカタチ ― 「羽子板」
赤ちゃんが誕生して初めて迎えるお正月には美しい羽子板を是非・・・


株式会社 増村人形店

〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉1番8号
TEL : 06-6763-1870

営業時間 : 年中無休(元旦を除く)
        9:30 ~ 19:00

※さらに詳しくは「会社概要」を御参照下さい。
ページトップ
本    社
〒540-0017 大阪市中央区松屋町住吉1番8号 [ TEL ]06-6763-1870 [ FAX ]06-6763-1888
支    店(3号館)
〒542-0067 大阪市中央区松屋町8番5号    [ TEL ]06-6763-1788 [ FAX ]06-6763-1789
北    店(7号館)
〒540-0017 大阪市中央区松屋町住吉1番8号 [ TEL ]06-6768-8098
大  宗 店
〒540-0067 大阪市中央区松屋町1番18号   [ TEL ]06-6763-0602
末 吉 橋 店(5号館)
〒542-0067 大阪市中央区松屋町2番8号    [ TEL ]06-6763-5581

増村人形店 店舗案内の詳細は、こちらから